2018年1月14日日曜日

月3万の節約に確実に効いたこと3選

去年、築40年のマンションから築浅の駅近マンションに引っ越しをし、暮らしは快適にはなったものの、生活費全体として2万円ほどの負担増となってしまっていました。これは気を引き締めねばと、以来、家計の見直しを行ってまいりましたが、わりと簡単にできて、毎月確実に3万円の節約効果となったポイントをまとめましたのでご紹介します。

1.保険の見直し



管理人が死んでも路頭に迷わせるような家族はおりませんので😓 死亡保障など過剰と思われる保険はキッパリ無くしました。保険会社もコスパの良い無店舗経営の会社に変え、支払いもクレジットカードの一括払いで済ませています。保障内容の方は本当に必要と思われる部分に厳選しているので、保険料が減った分貯蓄に励まなくてはならないですが、毎月軽く1万以上もの支出を減らせたのは大きいですね。
→→保険を見直して家計を節約!ほけんのFPオススメ❕

2.格安スマホへ乗り換え


キャリアから乗り換え前までは、格安スマホって繋がりにくいんじゃないのか?とかネットのスピードが遅いのでは?といった不安があったのですが、思い切って乗り換えてみて、そんな心配は全く杞憂だったことがわかりました。特別不便を感じることなく、それまで毎月1万近くかかっていたスマホ代が、3000円前後となり、約7000円の節約に❗もっと早く乗りかえればよかったよ〜。

3.DIYの徹底 



日曜大工から自炊に至るまで、とにかく自作できるものは自作する。失敗しても人様に迷惑はかかりませんし、その手間の対価分くらいは確実に節約できます!管理人の場合、なるべく外食を控え、ドレッシングや料理に使う「たれ」などできる限り自家製にするようにしてみたところ、あっという間に食費が3分の2まで減りました。元々の食費がかかりすぎていたこともあってか、1万近くの節約になっています。

番外編:実家の近くに住む

これは気のおけない友人などでもいいのですが、やはり人間、持ちつ持たれつです。ちょっとしたモノを借りあったり、分け合ったりできる人が近居だと、バカにならない節約効果になりますよ。管理人は時々車を使うのですが、今は自分で車は持たずに、必要なときだけ両親の車を借りたり、カーシェアリングで済ませています。勿論、ついでに親の用事も手伝うこともできますし、喜んでもらえて一石二鳥です。

節約と言っても、日々の生活に潤いがなくなるのはストレスになりますから、趣味のゲームなど欲しいものは我慢せず買っています。ただ今年はPCなど家電を買い替えたいので、倹約は確実に継続しなければ!息切れしない程度に頑張ります😋

↓参考になるブログが詰まってます
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿