2018年8月14日火曜日

まだまだ間に合う!夏の紫外線対策

まだまだ厳しい暑さが続く毎日ですが、外出時の紫外線対策は万全でしょうか。

春から夏にかけては1年のうちでも紫外線量がぐっと高くなる時期。ほんのちょっとした外出時でも対策はしっかりしておきたいものです。


紫外線はシミやしわの原因になるだけでなく、全身の皮膚や目に腫れや湿疹、かゆみなどのアレルギー症状を引き起こすこともあります。

また、強い紫外線を浴びたことによる疲労が原因で頭痛や吐き気、発熱などが起きることもあり、日光過敏症などと呼ばれて、年齢や性別に関係なく発症する人が増えているそうです。

スポンサーリンク


皮膚に現れる症状は、やはり顔や首といった露出しやすい箇所が多いので、日焼け止めはこまめに塗り直したいものですが、あとあとのクレンジングが結構大変なんですよね。

クレンジング剤って意外と肌に負担がかかりますし、皮脂を落としすぎるとかえって肌荒れを起こしたりしてしまいます。

まずは低刺激で肌にやさしいUV化粧品やUVグッズで素肌を徹底ガード!
その点ではUVカット・ベースメイク・保湿ケアがひとつで完了するミネラルUVファンデーションは日常使いに大変オススメ。


SPF50+PA++++で、 毛穴やくすみもきちんとカバーしてくれるにも関わらず何ともかる〜いつけ心地です。しかも石けんで落とせるので肌にとってはほぼストレスフリー。

シリーズ中には同じくSPF50+PA++++で、メイクの上からでも何度でも塗りなおし可能なパウダータイプもあって、これは服などに色がつかないクリアタイプなので首や手の甲にも気軽に使えます。勿論、専用クレンジング不要。石けんで落とせるUVシリーズです。
ミネラルUVファンデ

UV化粧品以外にもUVカット加工された日傘や帽子などの紫外線対策グッズは大変効果的。目に症状がでやすい人なら、UV加工されたサングラスを必需品にしたいものです。

また、たとえ屋内にいても、窓の多い部屋や車の中には意外なほど紫外線は降り注いでいます。できればUV加工された貼るだけのフィルムや、UVカーテンなどでしっかり対策しておけば安心ですね。

それでも日焼けしてしまった肌には病院でも使われる保湿剤でその日のうちに手当する
日焼け対策を万全にしているつもりでも、夏の強烈な太陽の下ではUVダメージがそれなりに積み重なっていくもの。外で活動する時間が長がった日や、肌に熱っぽさやヒリヒリ感を感じるときは、早めに適切な保湿をして肌ダメージを最小化しておきましょう。

病院でよく使われているヘパリン類似物質(商品名:ヒルドイド、ビーソフテンなど)は肌の炎症を抑えてくれる効果のある保湿剤ですが、薬局などでも購入できるので普段から愛用している人も多いようです。


夏場はやはりさっぱりとしたローションタイプがおすすめですが、クリームタイプもあるので肌の状態に合わせて使い分けるのがいいですね!

紫外線による肌トラブルを引き起こさないためにはそれ以外にも、普段から免疫力を上げ紫外線に負けない健康な体を作っておくことが大切です。

緑黄色野菜や柑橘類など、高い抗酸化作用をもつ食材や、肌のターンオーバーを促す良質な睡眠をとること、そして心身のストレスを溜めないよう適度に息抜きしながら毎日を過ごすことで免疫力をUPさせ、紫外線に負けないBody目指しましょう!

↓参考になるブログが詰まってます
ブログランキング・にほんブログ村へ



0 件のコメント:

コメントを投稿