2018年4月27日金曜日

いよいよ動き出した社会保障改革

高齢人口の急増で年々増加する社会保障給付費。その額はすでに年間100兆円を超えています。社会保障給付には公費が約4割あてられていますが当然それだけでは足りません。

スポンサーリンク



毎年、国費だけでも1兆円規模の公費投入が行われていますが、その額も年々増加しています。私たち勤労世帯から集める健康保険や介護保険料なども、ほぼ右肩上がりに上昇してきましたが、とうとうそれも追いつかなくなったようです。

ついにと言うかようやくと言うべきなのか
衆院厚生労働委員会は今月25日、生活保護世帯のジェネリック薬使用原則化などを盛り込んだ生活保護法などの改正案を自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決しました。

また、同日財務省では、社会保障や地方財政について議論する分科会が開かれ、75歳以上の後期高齢者の医療費の自己負担について、現行の1割から2割に引き上げる改革案が提示されました。


出席した委員からは急増する社会保障費の抑制や現役世代の負担との公平性の観点などから、引き上げに賛同する声が多かったとのことです。

日本では選挙に行くのがほぼ高齢者であり、政治家にとって彼らから嫌われることは選挙に落ちることを意味しています。そんな事情もあり、これまでは高齢者世帯や生活保護世帯などにも相応の負担を求める声はあまり目立ちませんでしたが、国の財政の逼迫状況はいよいよ本当に待ったなしになってきたということですね。

個人的には医療費の窓口負担が1割やゼロの人で、どうしてもジェネリックを使いたくない!選択の自由が欲しい!という人には100%自己負担で先発品を選べるようにすればいいのではと思います。

ジェネリックというといまだに先発品より劣るもの、高いものほど質もいいんだ!などと勘違いしている人もいるようですが、ジェネリック医薬品製薬会社の企業間闘争はそれはそれは激しいもの。先発メーカー以上に切磋琢磨していないとあっという間に潰されてしまいます。

また、最近ではオーソライズドジェネリックと呼ばれる、メーカーから許諾を得て、原薬、添加物および製法等が先発薬と全く同一のジェネリック医薬品も続々登場しています。

身勝手な考え方が改革の足を引っ張っている
「ジェネリックしか使用できない=人権侵害」なんて考え方は全くナンセンスなわけで、勤労世帯と同じように国の財政健全化のため協力ができないという人には、100%自己負担をお願いするしかありません。

スポンサーリンク



そもそも、自己負担ゼロというのもどうかと思うんですよね。周りを見ていると子供の医療費が「タダ」の間は先発品指定で沢山の薬をもらっていたのに、支払いが発生するようになった途端、ジェネリックに変更する親も多くいたりして‥‥。

人間ってやはり自分で痛みを感じないと他人の痛み(3割負担している勤労世帯)に対してはとことん無頓着になるものなのでしょうか❓あ、ちなみに体質など主治医の判断であえて先発品を使用してる人はもちろん例外ですので悪しからず!

↓参考になるブログが詰まってます
ブログランキング・にほんブログ村へ



2018年4月21日土曜日

40代で直面した不都合な現実

あまり認めたくないのですが、40代に突入してから次々と、身体に老化ならぬ変化を感じるようになりました。 まず、

1.視力の変化



これがいわゆる老眼というやつなんでしょうか。。近くから急に遠くを見たときなどにピントがずれます。もともと近視なので、自分は老眼にはなりにくいだろうと勝手に思っていたのですが、どうやら完全に誤解だったようですね↓
❝ 40歳代くらいから、徐々に近くを見る作業の時に眼が疲れるなどの不快感を感じ始めます。遠方のものに焦点が合うことの多い遠視では、老視の症状をより早く自覚することが多いようです。近視の人はもともと近くに焦点が合いやすいため老視の症状を自覚しにくいといえますが、普段遠くを見るために使用しているメガネをかけた状態で近くのものがぼやけるなどの症状が出現します。「近視の人は老眼にならない」ということをよく耳にしますがこれは誤りです。❞
日本眼科学会より引用

スマホやPC画面を見る時間が長いのも老眼の一因のようです。画面を明るくしすぎない、見やすい文字サイズに変更するなどして、少しでも眼の負担を減らすようにしています。

2.便通の変化



生活スタイルは変わらないのに、なぜか便秘が起きるようになりました。そうしますと、やはり同時に肌のコンディションが悪くなったり、なんとなく気分変調も来しやすかったりして、実に厄介です。そこで便秘薬にお世話になることも多いのですが、習慣性も気になるので、以下のように使い分けてます。

マグラックス

主成分:酸化マグネシウム
腸の水分吸収を抑制して便を膨張させ、かさを増すことでスムーズな排便を促進する緩下剤。刺激性下剤のような腹痛が起こることは少なく、普通はだいたい7時間前後ほどで自然な排便が起こります。きちんと用法用量を守ればほとんど副作用もない薬ですが、稀に起こりうることとして、吐き気や嘔吐の症状に血圧低下、口の乾きといった症状があるので、毎日服用するというよりは、症状が改善するまでの期間に止めるのが無難か。

ビオフェルミン

主成分:「ビフィズス菌」「フェカリス菌」「アシドフィルス菌」の3種類の乳酸菌
乳製品などでお馴染みですね!医薬品でなくあくまで指定医薬部外品であり、効き目が緩やかなので、即効性は低いが安全性は高い薬です。習慣性もほとんどなく、途中から効き目がなくなったりということも考えにくいので、むしろ 継続的に飲むことで腸内環境が改善されるので、便秘以外にも臭いおならや肌荒れなどの症状にも効果的と言えそう。

センナ

主成分:センノシド
いわゆる刺激性下剤。確実に腸内環境を整えて便秘を解消するというよりも、腸を強制的に動かすような成分なので、副作用として下痢を起こしたり腹痛が起きたりすることも。 効果は高いものの、長期間使用していると次第に体が慣れてしまい、効き目が悪くなってしまうという報告もあるお薬なので、どうしてもという時のために。

3.髪質の変化



白髪の量。これが1番大きい変化。40代に入ったとたん、それまでチラホラだったものが一気に増殖❗42歳の今ではもう、白髪染めなしではいられない身体になりました。。一時期は本気で外国人みたいな綺麗な白髪をめざしてみようかと考えたのですが、髪質が違いすぎるのか少しでも白髪が目立ってくるとなんだか疲れて見えるし、全然素敵じゃない💔


30代までは顔のシミとか、太もものセルライトなど、ほぼ外見上のことだけが悩みのタネでしたが、40代からは身体の内側からのアンチエイジングを意識しなくてはならないようです。いよいよ無茶も効かなくなるし、年取るって面倒ですね〜😩

↓参考になるブログが詰まってます
ブログランキング・にほんブログ村へ



2018年4月13日金曜日

恋は一生現役!シニアの婚活市場

全体的に晩婚化が進む中、熟年以降のシングルの人たちが、新たなパートナーを求めるシニア婚活が活況です。インターネットで検索すると、中高年層向けの結婚情報サービスや婚活パーティーが目白押し。出会いを求めるシニアの多さが窺えますね。

厚生労働省の「人口動態統計」によれば、2000年頃から50歳以上で婚姻届を出す人が急増。シニア婚が増えた要因としては、2007年4月に年金分割制度が施行され、熟年離婚が増えたこともその1つなのかもしれません。

スポンサーリンク


とは言え、人間ある程度の年齢まで生きていれば、それなりに財産があったり、自分の心地いい生活スタイルが確立されているもの。新たなお相手と人生を再スタートさせるのはある意味でかなりのリスクです。

そのため、熟年カップルになると、入籍を伴わない「事実婚」や住環境を変えない「通い婚」などの形態も増えてくるんだとか。 それでは実際、シニア婚に向いているのはどんな タイプなのでしょうか。

シニア婚に向いているのはこんな人!

経済的な安定以外でも、パートナーのいる精神的充足や、将来の介護や身の回りの世話など、シニア婚に求めるものは人によって様々です。

それでも概ね以下の事項に当てはまるようなら、シニア婚に向いているタイプと言えるでしょう。

収入が少ないため、生活支援の有償サービスは中々受けられない
寂しがりで、ひとりでいることにおそろしい苦痛を感じる
病気やケガ等で働けなくなったとき、頼る家族や友人がいない

これに対して、 一通りの家事ができ、経済的余裕もあって特に孤独も感じないのであれば、おひとりさまでも特別心配なさそうかも!?

様式はどうあれ、パートナーの存在はやはり心強い

生きてきた時間が長いほど、背負うものも大きいはずです。シニア婚に希望を見出すのと同じくらい、慎重になるのも当然のこと。 パートナーがいるから安心という訳ではないですし、シニア婚活を孤独死回避術の1つとして考えるのは、基本的に間違いだと思います。

スポンサーリンク


ただ、同じく出会いを希望する人たちの場に積極的に加わることによって、ひょっとしたら、残りの人生の苦楽を全て共有したいと思わせるお相手が見つかるかもしれない。

そして同時に、経済的不安に悩むおひとりさまと孤独に喘ぐおひとりさまの双方の悩みが解決するかもしれないのです。

熟年同士であれば、焦る必要もないし、友達を探す感覚で婚活するのも楽しいですよね!若い婚活市場でモテないとお嘆きのアラフォーでも、ちょっと強気になれるかも❗❓

↓参考になるブログが詰まってます
ブログランキング・にほんブログ村へ



2018年4月5日木曜日

最近の首都圏の通勤電車の混雑ぶりは異常

最近の首都圏の通勤電車、ちょっと混みすぎだと思いませんか?

筆者は住まいが埼玉県なので、京浜東北線をよく利用するのですが、やけに縦に長い沿線のため遅延はしょっ中です。 たとえ数分程度の遅れでも、乗車率150%を余裕で超えるようなラッシュ時だと、その数分で車内やホームはカオス状態。


原因の多くは、駆け込み乗車やドアに物をはさまれるなど利用者の不注意によるもので、これは1人1人が気をつければ十分回避できるはず。 でも実際は、一部のマナーの悪い人や非常識な人が混雑にさらに拍車をかけているのです。

特にマナーの悪さが目立つのがスマホ関連で、奥まで行くにもスマホいじってる人が邪魔で進めないし、降りる時もスマホの人が邪魔してスムーズに降りれない。結果的にドア付近が異常に混雑したりしています。

スポンサーリンク


それから通勤時間にありえないくらいでっかい荷物やベビーカーで乗り込んでくる人。満員の電車にスムーズに乗り入れできるわけがなく、高確率で遅延の原因になります。よっぽどの緊急事態なのかもわかりませんが、無理な乗り入れは思わぬ事故にも繋がりかねません。通勤時間の電車は基本、通勤客のためのものと弁えて動くほうが自分のためです。

本来、首都圏一極集中をなんとかしない限り根本的な解決にはならないのでしょうが、ひとりひとりがちょっとした乗車マナーを意識するだけでも、状況はだいぶ変わってくるのではないでしょうか。

オリンピック時には1000万人分の輸送力が必要!?

昨年12月の国交省の発表によれば、首都圏45路線の遅延率ワースト3は【1位】JR中央・総武線、【2位】JR宇都宮線・高崎線、【3位】東京メトロ千代田線となっています。

そもそもの公表の理由は、2020年の東京五輪に向けた、「各鉄道事業者の遅延の可視化」のためとのことですが、1000万人近くの観光客が見込まれる東京五輪。 たとえ通勤電車には乗らないとしても、輸送力には大いに難がありそうですね。

スポンサーリンク


過疎化がすすむ地方がある一方で、首都圏の人口は増え続けています。首都圏の通勤電車の輸送力はもはや限界を超えており、駅によっては改札口から行列ができていたり、ホームに人が入りきらずに、いつ線路に落ちても不思議でない光景が毎日のように見られます。

満員電車を回避したくても、現状では高い家賃を払えない限り都心部には住めません。嫌でも移動には電車を利用せざるを得ないのですから、大学や官庁の地方分散や、新たなインフラ作り、時差出勤の導入など東京の混雑緩和のための対策をどんどん進めてほしい❗

今日も通勤だけで朝からヘトヘト‥‥せめて帰りの電車は止まりませんように🙏!

↓参考になるブログが詰まってます
ブログランキング・にほんブログ村へ



2018年4月3日火曜日

雇用改善しても生活保護世帯が最多更新するワケ

厚生労働省が先月30日に発表したところによれば、2016年度の生活保護受給世帯数(月平均)は前年度比0.4%増の163万7045世帯となり、過去最多を更新したそうです。 近年雇用は改善傾向にあり、日本経済もどん底からは脱出したように見えますが、生活保護世帯が過去最多を更新し続けるのは一体なぜなのでしょうか。


これについて、厚労省は単身の高齢者世帯が増えているためと分析しています。

受給世帯の内訳を見ると、「高齢者」は4.3%増の83万7029世帯と最も多く、全体の51.4%を占めています。これに対して高齢者以外の世帯は近年は減少傾向にあり、「傷病者・障害者」が2.9%減の42万9577世帯、「母子」が5.2%減の9万8884世帯、失業者を含む「その他」が3.3%減の26万2975世帯となっています。

お金も身寄りもない生活保護予備軍は今後も増え続ける
貯蓄が底をついたり、働けなくなったとき、身寄りのない単身高齢者は生活保護に頼る以外にないのでしょう。日本は人口減少時代に突入していますが、減っているのはこどもや労働者人口であって、65歳以上の高齢者人口の割合については、当分減る見込みにありません。

今後も単身高齢者の数は増加し続けるであろうし、そうであるならば生活保護受給世帯数も過去最多を更新し続けるのかもしれません。 しかし、支える側より支えられる側の方が増え過ぎれば、この社会の互助システムを今のような形で存続させること自体ほぼ不可能です。
スポンサーリンク

これまでも、膨れ上がる社会保障費を支えるために増税に次ぐ増税が行われてきました。アベノミクスで多少の増収に与れたとしても、この増税や物価上昇のために若い世代はいつになっても豊かになった実感がもてず、結婚や出産を躊躇してしまっています。

社会における互助精神は確かに大切なことですが、支える側が潰れてしまっては身も蓋もありません。

それでも生活保護は国民の大切なセーフティネット
誰もが安心して暮らせる社会であるためにこそ、生活保護システムの見直しが必要です。

例えば、まずは本当に必要な日本国民に保護を行き渡らせるために、外国人への生活保護支給は止めるべきでしょう。その上で保護費の現金支給は減らし、空き家の活用やフードスタンプ制の導入などを試験的にでも始めるべきです。

潤いある生活は誰もが望むことですが、生活保護を支えているのは文字通り国民の血税なのですから、受給者には理解してもらわなくてはなりませんよね。
スポンサーリンク

年金制度についてもそうですが、制度そのものの破綻が囁かれる中で「もう失敗だから止めます!」と言える勇気ある政治家や役人が台頭してこないのは残念なことです。

制度改革は大きな困難や痛みを伴うものであり、一朝一夕にはいかないでしょうが、このまま若い世代に重しをつけすぎては日本という船まで沈没してしまいます。日本の舵取りを任せている1国民として、思いきった制度改革を心から待ち望んでいます。

↓参考になるブログが詰まってます
ブログランキング・にほんブログ村へ



2018年4月1日日曜日

国民年金保険料7ヶ月以上の滞納で強制徴収へ

現在、国民年金保険料の納付率は60%台。
このうち強制徴収の対象となるのは、「未納月数13ヶ月以上」の滞納者、約36万人です。

厚生労働省と日本年金機構は今年1月、この強制徴収となる人の対象を、2018年度より現行の「13カ月以上」から「7カ月以上」に拡大する方針を固めました。


これにより見直し後は、1万人が新たに加わる見通しで、最終的な催告状などを送っても納付に応じない滞納者には、銀行口座などを差し押さえる措置がとられるそうです。 
筆者も故意でないとは言え、何度か納付を遅らせたことがあるので、決して他人事ではありません😓


年々増加する老人人口を考えれば、納付率を高めることは役所の喫緊の課題なのでしょうが、現役世代にとってみれば年金制度そのものに対する不安は増すばかり、、、
スポンサーリンク

現時点で、年金の受給開始年齢は原則65歳ですが、年金財政の安定化のため、すでに70歳を超えての受け取り開始を選択できる制度改革が打ち出されたりもしています。

70歳超を選べば、受取額を上乗せする方針とのことですが、実際に年金を「健康」で「文化的」な生活の一助として活用するには、あとどれくらいの人生が残されているというのでしょうか‥‥。

総務省の「家計調査(二人以上の世帯)」平成30年1月分によれば、無職世帯の一ヶ月の平均支出は以下のとおり。

<内訳>
・食費 62,433円
・住居 13,908円
・水道光熱 28,023円
・家具、家事 7,826円
・被服費等  6,630円
・保健医療 14,859円
・交通通信 28,185円
・教育 828円
・教養娯楽 20,487円
・その他 61,136円
(理美容、おこづかい、交際費、嗜好品、諸雑費など)
・税金 社会保険料 16,423円
支出総額 260,749円

それなりに節度ある暮らしでも毎月25万強、ゆとりある老後で35万程度は必要といったところでしょうか。 勿論、激しい物価上昇やインフレが起きれば計算通りにはいかないでしょうが、少なくとも現在のところは、生活費における年金の存在は大きいです。

現在40歳前後の現役世代が年金受給年齢に達するには、あと25〜30年ありますから、その間に具体的な受取額や受給開始年齢がどう変わるのかはわかりませんが、 現時点で既に年金財政は逼迫し、労働人口がどんどん減っています。残念ながら予測できるのは年金受取額のさらなる減少と、受給開始年齢の引き上げでしょう。

スポンサーリンク


最近では、若いうちから個人年金作りに余念がない人も多いですよね。 結局のところ、自分の老後は公的年金頼みにせず、最後まで自力で支え切る心算でいる方が、心の安定に繋がります。

いろいろ問題を感じる年金システムですが、 納付する以上は、少しでも健康寿命を伸ばしてその恩恵に預かりたいところ。経済的な理由で納付が困難な人については勿論、これまで通り役所で相談にのってもらえます。あくまで目の前の生活が第一優先❗でも強制徴収にだけはお気をつけくださいね😅 

↓参考になるブログが詰まってます
ブログランキング・にほんブログ村へ